« 窓の魚/西加奈子 | トップページ | バガボンド(29)/井上雄彦 »

すべての若き野郎ども/久保寺健彦

すべての若き野郎ども Book すべての若き野郎ども

著者:久保寺 健彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TBS・講談社 第1回ドラマ原作大賞 選考委員特別賞受賞作。
一緒に「天下統一」目指そうぜ!生涯戦績、317勝無敗(自称)の達夫と、元暴走族特攻隊長・恭平は、最強コンビを組み「天下統一」を目指す。5つの暴走族、地元のヤクザを向こうに回し旋風脚(センプーキャク)と皿割りで連戦連勝。そこに立ちはだかる伝説の男の正体は?天下無双のスケールにドラマ化が追いつかない!?でも、とりあえずはガンガンいきゃあいいんだよ!【講談社BOOK倶楽部HPから抜粋】

「窓の魚」を読んだあとだけに、これは、正反対だよなー。なんとも能天気な、若者たちを書いた作品です。

317勝無敗(自称)の達夫に弟子入りした、元暴走族特攻隊長の千葉恭平(チャボ)。傷害事件で年少(少年院)入り。保護観察付の仮退院をしたものの、暴走族やヤクザにつけ狙われる。弟子入りしたした、師匠の達夫は、ミュージシャンへの路線変更。

そんなチャボも、自分で調べること、読書することが大好きであることに気づくんですね。 なるほど、これって、憎めないですよね。本好きと言うところが、なおさら。

しかし、なかなか、昔の特攻隊長が離れられず、達夫とともに、やんちゃな日々を送るんです。 でもでも、やんちゃな、はちゃめちゃな日々を送っていようと、家族の優しさや、将来への意外な達夫の真面目な姿を見るにつれ、変っていこうとします。そこが、この小説の救いでしょうね。

とにかく、面白く、ドラマ的にと書かれた作品なのですが、これ、ドラマには無理でしょう、実際。 「ブラックジャック・キッド」ではブラックジャックのマニアと思わせる内容でしたが、今回はウルトラセブンですか!結構、見たんですが、この作者には負けた。詳しすぎる。謎のウルトラセブンの男の物語を、もう少し書いて欲しかった気もする。

しかし、この疾走感はすごい。不快感はありません。この作家の、持ち味がなんだか分かってきたなー。世代も近いようだし。もう少し読みます、わたし。

|

« 窓の魚/西加奈子 | トップページ | バガボンド(29)/井上雄彦 »

か行の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412894/25602902

この記事へのトラックバック一覧です: すべての若き野郎ども/久保寺健彦:

« 窓の魚/西加奈子 | トップページ | バガボンド(29)/井上雄彦 »