告白/湊かなえ

告白 Book 告白

著者:湊 かなえ
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。【双葉社HPより】

» 続きを読む

| | コメント (55) | トラックバック (0)

奇術師/クリストファー・プリースト

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT) Book 〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)

著者:クリストファー・プリースト
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

北イングランドに赴いたジャーナリストのアンドルーは、彼を呼び寄せた女性ケイトから思いがけない話を聞かされる。おたがいの祖先は、それぞれに“瞬間移動”を得意演目としていた、二十世紀初頭の天才奇術師。そして、生涯ライバル関係にあった二人の確執は子孫のアンドルーにまで影響を与えているというのだが…!?二人の奇術師がのこした手記によって、衝撃の事実が明らかとなる!世界幻想文学大賞受賞の幻想巨篇。 【BOOKデータベースより】

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地の子(2)/山崎豊子

大地の子〈2〉 (文春文庫) Book 大地の子〈2〉 (文春文庫)

著者:山崎 豊子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

陸一心の本名は松本勝男。日本人戦争孤児である。日本人ゆえの苦難の日々を経て、彼はようやく日中共同の大プロジェクト「宝華製鉄」建設チームに加えられた。一方、中国に協力を要請された日本の東洋製鉄では、松本耕次を上海事務所長に派遣する。松本はかつて開拓団の一員として満洲に渡り、妻子と生き別れになっていた…。【BOOKデータベースより】

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地の子(1)/山崎豊子

大地の子〈1〉 (文春文庫) Book 大地の子〈1〉 (文春文庫)

著者:山崎 豊子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

陸一心は敗戦直後に祖父と母を喪い、娘とは生き別れになった日本人戦争孤児である。日本人であるがゆえに、彼は文化大革命のリンチを受け、内蒙古の労働改造所に送られて、スパイの罪状で十五年の刑を宣告された。使役の日々の中で一心が思い起こすのは、養父・陸徳志の温情と、重病の自分を助けた看護婦・江月梅のことだった。【BOOKデータベースより】

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バガボンド(29)/井上雄彦

バガボンド 29 (29) (モーニングKC) Book バガボンド 29 (29) (モーニングKC)

著者:井上 雄彦,吉川 英治
販売元:講談社
発売日:2008/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「別の道を生きるときじゃないか武蔵?例えばおつうとともに――」

70人斬りの咎で囚われた武蔵。命と引き換えに、深く傷付いたその右足は、武蔵に剣を捨てることを迫る。殺し合いの螺旋から逃れられる――。そう思いながらも、武蔵は、燃え残る剣への執着に煩悶する。【講談社BOOK倶楽部HPから】

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべての若き野郎ども/久保寺健彦

すべての若き野郎ども Book すべての若き野郎ども

著者:久保寺 健彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TBS・講談社 第1回ドラマ原作大賞 選考委員特別賞受賞作。
一緒に「天下統一」目指そうぜ!生涯戦績、317勝無敗(自称)の達夫と、元暴走族特攻隊長・恭平は、最強コンビを組み「天下統一」を目指す。5つの暴走族、地元のヤクザを向こうに回し旋風脚(センプーキャク)と皿割りで連戦連勝。そこに立ちはだかる伝説の男の正体は?天下無双のスケールにドラマ化が追いつかない!?でも、とりあえずはガンガンいきゃあいいんだよ!【講談社BOOK倶楽部HPから抜粋】

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窓の魚/西加奈子

窓の魚 Book 窓の魚

著者:西 加奈子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

秋のある日、二組のカップルが温泉へ向かう。男の子のようなナツ、つるりとした肌のアキオ。明るく派手なハルナ、ぶっきらぼうなトウヤマ。一緒にいるのに違う現実を見る四人にまとわりつく、不穏な影。裸になっても笑いあっていても、決して交わらない想い。大人になりきれない恋人たちの一夜を美しく残酷に描いた著者の新境地。【新潮社HPより】

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)